TITLE SOUNDWITCH TOUR 2018「CARNIVAL」
DATE 2019.08.24[Sat]
VENUE 大阪 心斎橋BRONZE
TIME 開場 / 17:00
開演 / 17:30
TICKET 前売¥2,500
当日¥3,000
SOUNDWITCH TOUR 2018「CARNIVAL」(6.24 UPDATE)
★SOUNDWITCH TOUR 2018「CARNIVAL」(6.24 UPDATE)
2019
01.12 [Sat] 愛知 名古屋3STAR IMAIKE
01.15 [Tue] 福岡 天神Queblick
.01.16 [Wed] 福岡 小倉FUSE
01.26 [Sat] 静岡 静岡UMBER
01.31 [Thu] 東京 下北沢LIVEHOLIC 【THE DIVINE COMEDY SHOW】
02.23 [Sat] 大阪 心斎橋Bigtwin Diner SHOVEL

03.01 [Fri] 台湾 台北THE WALL MUSIC
03.16  [Sat] 岡山 岡山IMAGE
03.17 [Sun] 大阪 心斎橋CLAPPER
03.19 [Tue] 大阪 梅田Zeela
03.31 [Sun] 大阪 アメ村BEYOND
04.07
 [Sun] 愛知 名古屋APOLLO BASE
04.08
 [Mon] 東京 下北沢CLUB251
04.13
  [Sat] 大阪 アメリカ村DROP
04.20
  [Sat] 愛知 名古屋3STAR IMAIKE
04.30
 [Tue] 東京 吉祥寺CRESCENDO
05.12 [Sun] 愛知 名古屋3STAR IMAIKE
05.26 [Sun] 大阪 心斎橋JUZA【THE DIVINE COMEDY SHOW OSAKA】
06.08 [Sat] 愛知 名古屋八事SOUNDNOTE
06.15 [Sat] 愛知 名古屋CLUB ZION

06.26 [Wed] 愛媛 松山SALONKITTY
07.06 [Sat] 長野 長野CLUB JUNK BOX
07.18 [Thu] 大阪 心斎橋火影
07.19 [Fri] 愛知 名古屋3STAR IMAIKE
08.24 [Sat] 大阪 心斎橋BRONZE
08.31 [Sat] 滋賀 滋賀BARI-HARI
09.07 [Sat] 東京 渋谷clubasia
11.30 [Sat] 宮城 仙台HOOK

to be continued

2018
04.20 [FRI] 福岡 福岡EARLY BELIEVERS
04.28 [SAT] 大阪 心斎橋VARON
05.04 [FRI] 愛知 名古屋APOLLO BASE
05.05 [SAT] 大阪 アメ村DROP
05.23 [WED] 東京 渋谷CYCLONE [SPEAK PARTY]
05.27 [SUN] 大阪 アメ村BEYOND

06.10 [SUN] 岡山 倉敷REDBOX
06.17 [SUN] 愛知 名古屋CLUB ZION [SPEAK PARTY]
06.28 [THU] 大阪 心斎橋火影 [SPEAK PARTY -77 MIN ONE MAN SHOW-]

06.30 [SAT] 徳島 徳島CLUB GRINDHOUSE
07.20 [Fri] 山口 周南LIVE rise SHUNAN
07.21 [Sat] 愛媛 松山サロンキティ
07.22 [Sun] 福岡 小倉FUSE
07.31 [Tue] 大阪 梅田Zeela

08.10 [Fri] 愛知 名古屋3STAR IMAIKE [KISS ME KILL ME 2018]
08.26 [Sun] 東京 新宿club SCIENCE

09.07 [Fri] 大阪 アメリカ村DROP [KISS ME KILL ME 2018]
09.21 [Fri] 東京 渋谷CYCLONE [KISS ME KILL ME 2018]

10.05 [Fri] 東京 吉祥寺CRESCENDO
10.12 [Fri] 北海道 札幌DUCE
10.13 [Sat] 北海道 苫小牧ELLCUBE

10.31 [Wed] 大阪 心斎橋JANUS
11.12 [Mon] 大阪 アメ村DROP
11.19 [Mon] 大阪 梅田Zeela
12.01 [Sat] 宮城 仙台MACANA
12.02 [Sun] 富山 富山SOUL POWER
12.03 [Mon] 新潟 新潟CLUB RIVERST

12.15 [Sat] 沖縄 沖縄Remy's
12.16 [Sun] 沖縄 那覇CYBER BOX
2018.12.23 [Sun] 東京 町田CLASSIX【NEW】
12.24 [Mon] 愛知 名古屋TIGHT ROPE [CELLULOID QUEEN


Posted : 2019.06.24
Misaki (Guitar) joined SOUNDWITCH
Misaki (Guitar) joined SOUNDWITCH

ながらく不在だったギターリストに "Misaki" がサポート参加する事になりました!
よろしくお願い致します!
Posted : 2019.05.30
SOUNDWITCH 2019 NEW TRACK "ELEVEN"
SOUNDWITCH 2019 NEW TRACK
ELEVEN


SOUNDWITCH 新曲ドロップ!!
フリーダウンロードでお楽しみください!
音魔女流暗黒ディスコ、存分にご堪能あれ!

Free Download - SoundCloud: 
https://soundcloud.com/413tracks/soundwitch-eleven
Free Download - Official site: 
http://www.413tracks.com/SOUNDWITCH-ELEVEN/

"ELEVEN"ダウンロード方法
PC
SoundCloud >> More >> Download file
SoundCloud >> Free Download (mp3) >> Official Site
Official Site >> ジャケット画像/テキストリンクからDL
Mobile
SoundCloud >> appをDL >> DL
Official Site >> ジャケット画像/テキストリンクからDL
※各機種でのダウンロード方法はご自身でご確認下さい


 
Posted : 2019.05.14
Yuki Drum Cam 新作「Going Under (EVANESCENCE Cover)」

Yuki Drum Camシリーズ新作です!
お楽しみ下さい!

Going Under (EVANESCENCE Cover)
from the Cover EP “THE DIVINE COMEDY"
https://youtu.be/VSD4zdyFioE

THE DIVINE COMEDY CROSSFADE SAMPLE
https://soundcloud.com/413tracks/soundwitch-thedivinecomedy-crossfadesample

THE DIVINE COMEDY SHOW OSAKA
5.26 at 心斎橋JUZA

OFFICIAL MOVIES
https://www.youtube.com/playlist?list=PLSLnDMwPabSCQuo5yBW_xkKDgRtNGs-uF
Posted : 2019.05.07
SOUNDWITCHからのお知らせ
SOUNDWITCHからのお知らせ

Dragon氏のTwitter投稿に関して
詳しい説明は省かせて頂きますが、度々の音信不通を繰り返した後、2月末のライブ直前にDragon氏と完全に連絡が取れなくなりました。
現在もライブを含むバンド活動の一切はもとより、残務処理の連絡すら放棄し、ご両親に全てを任せている状況の中、突然脱退とのコメントが投稿され正直驚いている次第です。
我々SOUNDWITCHとしましては、脱退云々に関して本人の意志を尊重したくとも、まったく話し合いの機会が持てていないため公式での発表を控えていたところ、今回の事態となりました。
Dragon氏不在の四人体制でライブを続ける中で、変わらぬ応援と共にご心配の声もたくさん頂きました。
本人と連絡が取れないままの為、そんな皆様へ何の状況説明も出来ない事を大変申し訳なく思っていた我々としましては、今回Dragon氏の一方的な脱退コメントに憤りを禁じ得ません。
もはやバンドメンバーを離れて友人としての関係修復も不可能と判断したため、ここにDragon氏のSOUNDWITCHからの解雇を正式発表致します。
話し合いの機会すら持てていない状況下の中、我々としましても不本意ではありますが、公式アナウンスとして状況説明をせざるを得ないと判断致しました。彼の投稿後、ここ数日メンバー内で話し合いを続けていたため、公式発表が遅れましたことお詫び致します。
いままで応援してくれた皆様、お力を貸して頂いていた関係者の皆様には、このような場でのご報告となり大変申し訳ございません。

しかしどのような形態であれ、私達は常にSOUNDWITCHらしく音楽と向き合い、最高の作品を皆様にお届けしていこうという想いは絶対に変わりません。
すでに新作発表準備も進んでおりますので、今後の活動と共にぜひお楽しみ頂ければ幸いです。
これからもどうぞ宜しくお願い致します。

SOUNDWITCH
Twin, Matsubai, Yuki, Maiden
2019.5.7

 
Posted : 2019.05.07
THE DIVINE COMEDY SHOW OSAKA

SOUNDWITCH COVER-EP「THE DIVINE COMEDY」RELEASE PARTY
THE DIVIME COMEDY SHOW OSAKA
5/26 (SUN) SHINSAIBASHI JUZA, Osaka


OPEN 16:30 START 17:00
ADV. ¥2,500 DOOR ¥3,000 (+Drink Fee)

SOUNDWITCH, Magistina Saga, ANGERS, 奏手候〜黒鐵〜, ラガディ

チケット: 各バンド/e+(4/8 10:00〜)
https://eplus.jp/sf/detail/2926550001-P0030001
※入場は整列順となります


OFFICIAL MAIL ORDER
https://garage126.thebase.in/items/16522873 

THE DIVINE COMEDY CROSSFADE SAMPLE
https://soundcloud.com/413tracks/soundwitch-thedivinecomedy-crossfadesample
Posted : 2019.03.11
THANKS A XXXXX TRACKS (Free Download)

THANKS A XXXXX TRACKS (SOUNDWITCH Valentain Special Gift - Free Download)
たくさんのダウンロードありがとうございました!
我々の予想を上まわるダウンロード数、本当に感謝です!
引き続きSOUNDWITCH布教用にぜひお使い下さい!

あなたの曲は見つかりましたでしょうか?
たくさんの曲があなたの宝物になることを願ってます。

SOUNDWITCH初のカバーEP「THE DIVINE COMEDY」
「EROTICA/EROTICA EURO EDITION」、2018年からのリリースシリーズ「SPEAK - EP」「CELLULOID QUEEN - EP」と、ぜひSOUNDWITCHの音楽の全てを存分にご堪能ください!

ライブ会場でお待ちしてます!
 

THE DIVINE COMEDY - COVER EP
https://soundcloud.com/413tracks/soundwitch-thedivinecomedy-crossfadesample

CELLULOID QUEEN - CROSSFADE SAMPLE
https://soundcloud.com/413tracks/soundwitch-celluloidqueen-crossfadesample

SPEAK - MUSIC VIDEO
https://www.youtube.com/watch?v=1ylwPncP6fs

 

Posted : 2019.02.25
SOUNDWITCH Valentine Special Gift

SOUNDWITCH Valentine Special Gift - Free Download

SOUNDWITCH初のカバーEP「THE DIVINE COMEDY」好評いただき本当にありがとうございます!
2018年からのリリースシリーズで久しぶりの音源発表/流通でしたが、3作続けてのたくさんのサポートとリアクション、最高に感謝です!

そんな感謝の気持ちを込めて、我々からのヴァレンタインスペシャルギフトをお送りさせていただきます

2/14〜2/24の間、SOUNDWITCH初期3作品をフリーダウンロードプレゼント!
1st「WICCAHOLIC」
2nd「GROTESCA」
3rd「ROMANESQUE」

▼ダウンロードサイト
http://www.413tracks.com/soundwitch-gift/

「THE DIVINE COMEDY」で我々SOUNDWITCHにはじめて興味を持っていただいた方も多いとおもいます。
そんな方にこそぜひ聴いていただきたい!我々SOUNDWITCHのルーツがぎっしり詰まった初期3作品です。
存分にご堪能くださいませ!

「前から名前だけ知ってて〜」「何曲か聴いたことあるなぁ〜」「ライブ見たことあるなぁ〜」「ツレが話してたなぁ」
なんて方々も、SOUNDWITCH入門編ですが、この機会にぜひともご体験あれ!

そうそう、海外の皆様。なかなか頻繁には会いに行けませんし、CDもなかなか入手しずらいとのこと。
ライブで会えるその日まで、ひとまずこれで楽しんでください。そしてたくさんの仲間に聴かせてあげてください。

いつもサポートしてくださっているあなた。
せっかく買い揃えていただいた音源を、期間限定とはいえ無料配布させていただく勝手をお許しください。
私達の想い、きっとわかっていただけているだろうと甘えさせていただきます。
そして、もし私達SOUNDWITCHに協力していただけるなら、もっともっとたくさんの人へ届くようどんどん配布してやってください。
SOUNDWITCH布教用にぜひ!


そして「EROTICA/EROTICA EURO EDITION」、2018年からのリリースシリーズ「SPEAK - EP」「CELLULOID QUEEN - EP」と
ぜひSOUNDWITCHの音楽の全てを存分にご堪能ください!

ライブ会場でお待ちしてます!


※mp3フォーマットとなります
※ダウンロード方法やその他操作に関してのご質問はご遠慮ください
※全ての楽曲および音源の権利を譲渡したり著作権を放棄するものではありません
Posted : 2019.02.12
『THE DIVINE COMEDY』COVER - EP OUT NOW

SOUNDWITCH 2018-2019 RELEASE SERIES #003
COVER TRACKS - EP
『THE DIVINE COMEDY』
PHYSICAL ONLY 2019.1.30 OUT
DIGIPAK / ¥1,800+tax

MISS MURDER (AFI)
GOING UNDER (EVANESCENCE)
TROUBLE (SHAMPOO)
SYNCHRONICITY (THE POLICE)
BODY TO BODY (SOFT BALLET)
MEDICINE (DAUGHTER)

購入特典 (数量限定)
ディスクユニオン/一輪の花 (HIGH and MIGHTY COLOR)
タワーレコード/WHITE SHAMAN  (SOFT BALLET) LOVE YOUR MONEY (DASIY CHAINSAW)
バンド通販/DARK ENTRIES (BAUHAUS) Instrumental Track (全曲カラオケ)
ライブ会場/Instrumental Track (全曲カラオケ)
https://garage126.thebase.in/items/16522873

THE DIVINE COMEDY CROSSFADE SAMPLE
https://soundcloud.com/413tracks/soundwitch-thedivinecomedy-crossfadesample

Downloads and Streaming
AVAILABLE NOW
BODY TO BODY (SOFT BALLET)
国内外各サイトにて配信中!

『THE DIVINE COMEDY』各ニュースサイトにて掲載中!
OKMusic

https://okmusic.jp/news/318834 
Barks
https://www.barks.jp/news/?id=1000164027
CDJournal
https://www.cdjournal.com/main/news/soundwitch/81688
Yahoo
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190130-00000008-cdj-musi
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190129-00000027-bark-musi
and more

 
Posted : 2019.02.05
COVER TRACKS - EP 『THE DIVINE COMEDY』2019.1.30 OUT
SOUNDWITCH 2018-2019 RELEASE SERIES #003
COVER TRACKS - EP
『THE DIVINE COMEDY』
PHYSICAL ONLY 2019.1.30 OUT

DIGIPAK / ¥1,800+tax

MISS MURDER (AFI)
GOING UNDER (EVANESCENCE)
TROUBLE (SHAMPOO)
SYNCHRONICITY (THE POLICE)
BODY TO BODY (SOFT BALLET)
MEDICINE (DAUGHTER)

予約購入特典
ディスクユニオン/一輪の花 (HIGH and MIGHTY COLOR)
タワーレコード/WHITE SHAMAN  (SOFT BALLET) LOVE YOUR MONEY (DASIY CHAINSAW)
バンド通販/DARK ENTRIES (BAUHAUS) 


PRERELEASE - Downloads and Streaming
AVAILABLE NOW
BODY TO BODY (SOFT BALLET)



SOUNDWITCH COVER TRACKS-EP THE DIVINE COMEDY Release Party
『THE DIVINE COMEDY SHOW』

2019/1/31 (THU)
SHIMOKITAZAWA LIVE HOLIC, Tokyo

OPEN 17:30 START 18:00
ADV. ¥2,400 DOOR ¥3,000 (+Drink Fee)
e+(1/7〜): http://eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002283408P0030001
ACT: SOUNDWITCH, リムキャット, FAKE ISLAND, Kiss the Quartet, Velka


Posted : 2019.01.05
2018.12.26 PRERELEASE - BODY TO BODY (SOFT BALLET)
PRERELEASE - Downloads and Streaming
2018.12.26
BODY TO BODY (SOFT BALLET)


SOUNDWITCH 2018-2019 RELEASE SERIES #003
COVER TRACKS - EP
『THE DIVINE COMEDY』

PHYSICAL ONLY 2019.1.30 OUT
※CD詳細・予約特典等後日発表

THE DIVINE COMEDY SHOW
2019/1/31
SHIMOKITAZAWA LIVE HOLIC, Tokyo

Posted : 2018.12.07
2018 RELEASE SERIES #003 12月リリース決定!
2018 RELEASE SERIES #003 
RELEASE IN DECEMBER!


More information coming soon

Posted : 2018.09.26
12.24 CELLULOID QUEEN RELEASE PARTY EXTRA SHOW 『CELLULOID QUEEN』
SOUNDWITCH CELLULOID QUEEN RELEASE PARTY
EXTRA SHOW
『CELLULOID QUEEN』

12.24 (MONDAY/HOLIDAY) 
愛知 名古屋TIGHT ROPE

OPEN 17:30 / START 18:00
ADV ¥2,400 / DOOR ¥3,000 (+Drink Fee)
e+: 10/1〜

SOUNDWITCH and more

Posted : 2018.09.26
「CELLULOID QUEEN」Shark Odyssey

Celluloid Queen - セルロイド・クイーン。このタイトルは何を意味するのか。タブロイド・クイーンじゃダメだったんだろうか?何だかゴシップ紙になってしまう。アクロイド・クイーンはどうか?そりゃアガサ・クリスティか。

どうもテキトーな書き出しになってしまったが、それ相応の理由に基づいている。「新しいEPについてなんか書いてみてよ」と軽い感じで頼まれたもんで、じゃあってんでこちらも軽い感じで書いてみてみようというのがひとつ。そして、音源を聴かせてもらってオフィシャルのHPに上がっているジャケのアートワークを眺めながらこのテキストを書いているという、言わばこの文章をSOUNDWITCHのオフィシャルHPにアクセスして読んでくださっている「皆さま」と似たような環境で何か書いてみようというスタンスであるということを理解しておいてもらおうというのがひとつ。大丈夫、おそらく2-3分で読み流せますから。SlipknotのWait And Bleedくらいの時間。MadonnaのLike A Virginくらいの時間。
あと、もう一つ大切な理由がある。それは、このEPを聴きながらいろいろと思いを巡らせて欲しい、想像して欲しいという願い。直情的な「カッコいいじゃん!」や「これは好みの音楽だなぁ」だったり、或いは「こんな音楽には初めて触れてよくわからないけど、どう解釈したらいいんだろう?/何故こんな音楽をやっているのだろう?」というのを想像してみて欲しいのです。その想像の可能性として、タブロイド版や推理小説作家の名を闇雲に挙げてみたつもり。先に書いたように実際にはメンバーに詳しい話を聞いたワケではないので、冒頭の奇文珍文はアテにしないでください。

さて。音楽好きの仲間たちと話したり、さらに音楽誌を読んだりしているような皆さんにとっては耳馴染みであったり実感しているであろう言葉、「新しい音楽は出尽くした」。これは真実かどうかはさておき、わたしもそれなりに実感しています。
今まで自分が聴いたことのない音楽に出会っても、そのルーツは案外我々の生まれるもっと前に既に誕生してた音楽だったりするもんです。これは某動画サイトでオート生成されるリンクを辿るだけではなく、ある程度の探究心を持って臨んでわかるものですが。
まぁ辛うじて新しいと呼べるだろうと思うものは、エレクトロミュージックにおける「音色」や「ミックス」ぐらいでしょうか。しかしそれらは音楽の三大要素たる「リズム、メロディ、ハーモニー」とはまた別の次元。特に音色なんてのは色んな音を混ぜたり省いたりした結果生まれる要素。純然たる「新しい音楽」とは言えないワケで。

しかし、わたしはこのSOUNDWITCHには何かしら新しさのようなものを感じるのです。何が新しいのか?それは音楽の「調合具合」だと思っています。化学者、もっと言えば錬金術師が試薬Aと試薬B,C,D…をどんな割合で調合するか。時代性であったりお国柄であったりの音楽の調合具合。これらは「流行り」としては各地に各時代でボコボコと生まれ量産されていくのですが、その生まれた音楽の核となる部分…いわゆる「オイシイとこ」や「醍醐味」はある程度年月が経ってようやく共通認識として残るもの。その核の部分、醍醐味を正しく認識できる現代に、適切な調合具合をやってのけるバンド・SOUNDWITCHに凄みを感じるのです。やみくもに「新しさ」を探してる手探り感はなく、「普遍性」に近づこうとしているような気がしている。

このEPで言えば、1曲目のKiss Me Kill Meはヨーロッパのガバキックが鳴ったかと思えばアメリカのスラッシュメタル然とした展開(その裏でオーケストラヒットが派手に鳴っている!?)、そしてその道の王道たるアーミングを交えたギターソロがねじ込まれる。こりゃもうSOUNDWITCHは「どうぞネジを外してください」と言ってるようなもんでしょ。まったく、どーかしてる曲。

2曲目のLa La Crowは、導入は80'sニューウェイヴかと思えばテン年代のデスコアに移行するも、その裏で鳴っているのは邪教の儀式の音楽のようなオルガン…70'sのホラー映画のサントラ?ユーロプログレ?にも通じるような。うん、音のアルケミー。フィジカルに暴れるもよし、唇の片端を曲げてニヤつくもよし。

お次に控えるはButterflies。アップテンポで大きなヘッドバングができるが、どこか冷やかな感じ。わたしのイメージでは、先に挙げた映画サントラの例にしてもグッと近代に寄った感じ。ディストピア感があり、テンポからして空撮だな。凄い速さで飛んでる。(妄想は膨らむ)
このEPの中では比較的ストレートな曲調ではあるが、そこを力業や暑苦しさで聴かせないのがSOUNDWITCH。こういった曲では歌に耳を持っていかれる。歌にも当然リズム・メロディ・ハーモニーがあり、ギターソロ明けの歌でグッと持ってかれる。注意して聴いてみて。

このEPのタイトルトラックでもあるCelluloid Queenは、ニューウェイヴの中でもゴス/ポジパン寄り…ニューロマンティックというべきか。ビキビキと鳴るシーケンスに浸って伏し目のままいつまでも身体を揺らしていたいし、そこに綺羅星のようなシンセが聞こえてきた日には自分の性別(いも焼酎大好きおじさん、です)を忘れて紅を引きチークを塗ってしまいそうに…いや、ちょっとオモシロで書いてしまった。真面目な話、いい音楽はその曲を聴いている間は性別や年齢を忘れさせる魔力が篭もるものです。
そして、このEPタイトルをCelluloid Queenと冠したというのがまたいいじゃないですか。

ラストはSo Sweet So Scratch Heroes。これは3rdアルバム「Romanesque」に収録された同曲のリ・レコーディングですね。
これは是非とも聴き比べて欲しいんだけど、ドラムの手数足数が格段に増えこの曲の醍醐味を強化してる。それに伴いギタープレイもも派手になるし…あれ?シーケンスのフィルターのかけ方も変えた?ミックスを変えたから目立つようになったってこと?…ホント、音源渡されただけでウラ話的なのは何も聞いてないもんでアテにはしないで欲しいが、とにかくわたしの耳と脳にはより気持ちよく響くようになった。
いや、間違い探しをしてる場合じゃないな。この曲はよく知っているということもあり逆に言葉を選んでしまうが…いわゆる「キャッチー」なシーケンスフレーズから速いツービート、ウラ打ちでツーステップを踊るための曲。
…あぁ。やっぱりなまじ曲に馴染みがあるだけに裏目に出てるような気がする。でも、何かしらのキッカケでSOUNDWITCHの音楽を知らないままこの文章を目にした人にとっては分かりやすい説明じゃないだろうか。そしてこんなにザックリと言い放つことができるのは現メンバーと(元メンバーである)わたしくらいなんじゃないか。

想定してたよりも若干長文になってしまった。「2-3分で読み流せる」、アレはウソだ。また嘘をついてしまった。地獄、こわい。
繰り返すがこの解説と妄言はわたしの個人的な印象なだけなんで、メンバーに「んー…そんなつもりじゃないけど…」とか言われたら死ぬほど恥ずかしいよ。(音楽ライターさんって大変なんですね)

とにかくこういったいろんな国の、いろんな時代の音楽のオイシイところを絶妙に調合しているバンドってのは、わたしの知る限りでは世界のどこを見てもなかなかいない。一見ラウドなバンドのように映るだろうが、その中身は恐ろしく繊細な音楽をプレイしているのよ?

んで、大切なことを最後にひとつ。割とオタクっぽい分析で書いてきてしまったけど、最終的にそんな知識・分析なんてどーでもよろしい。
たまたまこの文章を目にしてくれた方が興味を持つキッカケになるようなテキストのつもりだったんだが、実際のところ音や映像をまず聴いたり見たりして欲しいんですよね。これ、SOUNDWITCHのオフィシャルHPに掲載されてるんでしょ?このページのどこかに音や映像にリンクしてるので、まずはいろいろ覗いてみてくださいよ。気に入ってくれたなら、このCelluloid Queenも入手してみてください。
SOUNDWITCHがあなたのフェイバリットになってくれたなら嬉しいです。わたしもこのバンドが大好きなので。

CELLULOID QUEEN - EP
https://itunes.apple.com/jp/album/celluloid-queen-ep/1422560640

Shark Odyssey (ex.SOUNDWITCH/Drummer)

Posted : 2018.09.02
1  | 2  | 3  | 4  | 5  | 6  | 7  >